ダニエル書4章あらすじ 王の見た大木の夢 解き明かし 

スポンサーリンク
み言葉を聞くダニエル書

 

聖書内容の要約まとめ~旧約・新約聖書のあらすじ分かりやすく簡単に
この投稿では、「聖書は沢山文字があってとっつきにくい」と思われる方の為に聖書内容の要約まとめ~旧約・新約聖書のあらすじを簡単に紹介します。とは言いましても、それでも分厚い聖書です。すべてを紹介すると膨大になりますので、中でも、今回は主に旧約...

【ダニエル書4章あらすじ 再び王の夢の解き明かし】

ネブカデネザル王が見た巨大な像の夢の解き明かしをダニエルから聞いて、

ダニエル書あらすじ2 分かりやすく簡単に『王の夢を解き明かす』
ダニエル書あらすじ 2 分かりやすく簡単に『王の夢を解き明かす』 ネブカデネザルは心騒ぐ夢を見たので、眠れませんでした。呪法師たちに夢の内容を解き明かすように命令しました。ただし、それはネブカデネザル王が見た夢の内容を知らせる...

またユダヤの若き勇士たちが偶像礼拝をせず、燃える火の炉から神が救い出されたことを目の当たりにして王は神をほめたたえました。

ダニエル書あらすじ3 信仰者を誹謗、炎から神の救い
ダニエル書あらすじ3 信仰者を誹謗、炎から神の救い ここではダニエルは登場してきません。ダニエルの三人の友人達(シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ)にスポットライトが当てられます。 ダニエルの友人達はバビロンで偶像を拝みませんで...

しかし王は、神が世の主権者で歴史の支配者であり、王の繁栄も神の祝福のなせる業である事を悟ることが出来ませんでした。力を与えられている者ほど、また成功している時ほど人の心の目には靄がかかって神の主権を悟ることは困難です。

ネブカデネザル王がこのことを回想して語ります。

 

 

ダニエル書4章あらすじ 大木の夢を見ます。

 

「私、ネブカデネザルが宮殿で繁栄を極め安心感に浸って過ごしていた時、夢を見た。」

夢の内容はこうである。

地の中央に一本の大木があって、強く美しく豊かで、すべての者が養われた。ひとりの聖者が天から下り彼は声高く呼ばわって、こう言った。

「この木を切り倒し、獣をその下から逃げ去らせよ。 ただしその根の切り株を地に残し、それに鉄と青銅のなわをかけて、野の若草の中におき、天からくだる露にぬれさせ、また地の草の中で、獣と共にその分にあずからせよ。」

「またその心は獣の心が与えられて、七つの時を過ごさせよ。 神が、人間の国を治めて、また自分を最も卑しい者と思う謙遜な人を、上に立てられるという事を、すべての者が知る為である」

ダニエル書4章あらすじ 王の夢は国中の知者が解き明かせなかったのです。

色眼鏡2
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

聖書新改訳 中型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]
価格:5940円(税込、送料無料) (2021/12/27時点)

楽天で購入

 

 

「この夢を国中の知者に解き明かすように命じたが、誰も解き明かすことが出来る者はなかった。
神の霊が宿る博士の長ダニエルならできる、この夢をときあかしなさい」と王は言った。

しかしダニエルは驚き思い悩んでいた。夢の解き明かしは王のプライドを傷つけるような内容だったから。おびえているダニエルに私は言ったのだ。

「ベルテシャザル(ダニエルのバビロン名)よ、あなたはこの夢と、その解き明かしのために、悩むには及ばない、遠慮なく真実を語れ」

 

 

ダニエルは王の夢を解き明かします。神様に伝えられたとおりに語るダニエル

造り替えられる

 

 

「どうか、この夢は、あなたを憎む者にかかわるように。王が見た木はあなたのことです。あなたは成長して強くなり、天に達するほどに大きくなり、あなたの主権は地の果にまで及びました。 ところが、王は聖者が、天から下って、こう言うのを見られました。

『この木を切り倒して、これを滅ぼせ。ただしその根の切り株を地に残し、それに鉄と青銅のなわをかけて、野の若草の中におき、天からくだる露にぬれさせ、また野の獣と共にその分にあずからせて、七つの時を過ごさせよ』と。

王よ、すなわちこれはいと高き者の命令であって、わが主なる王に臨もうとしていることです。あなたは追われて世の人を離れ、野の獣と共におり、牛のように草を食い、天からくだる露にぬれるでしょう。こうして七つの時が過ぎて、あなたは、神が人間の国を治めて、これを人に与えられることを知るに至るでしょう。

ダニエルは恐れずに愛を持って王に悔い改めるように伝えます。

み言葉を聞く

 

その木の根の切り株を残しおけと命じたので、あなたが、神こそまことの支配者であるということを知った後、あなたの国はあなたに確保されるでしょう。

それゆえ王よ、あなたはわたしの勧告をいれ、悔い改め義を行って罪を離れ、しえたげられる者をあわれんで、不義を離れなさい。そうすれば、あるいはあなたの繁栄が、長く続くかもしれません」。

ダニエルはこのネブカデネザル王によって国を滅ぼされ捕虜とされたのに恨み心を持たず全てを支配される神に委ねて、王を真心を持って愛して、命を懸けて悔い改めるべきを伝えました。

 

王はダニエルの話を聞いたのに悔い改めなかったのです。

十二か月を経て後、王がバビロンの王宮の屋上を歩いていたとき、 王は自ら言ってしまった。
「この大いなるバビロンは、私の力で建てた城であって、私の権力を表す。」
その言葉が王の口にあるうちに天から声がくだった、「ネブカデネザル王よ、あなたに告げる。国は離れ去った。 あなたは世の人を離れ、野の獣と共に牛のように草を食い、こうして七つの時を経て、ついにあなたは、神が人間の国を治めて、これを人に与えられることを知るに至るだろう」。
この言葉は、ただちにネブカデネザルに成就した。世の人を離れ、牛のように草を食い、天からくだる露にぬれ、ついにその毛は、わしの羽のようになり、そのつめは鳥のつめのようになった。

「期間が満ちた後、われネブカデネザルは、目をあげて天を仰ぎ見ると、わたしの理性が自分に帰ったので、私は神をほめ、その永遠に生ける神をさんびし、かつあがめた。」

その主権は永遠の主権、
その国は世々かぎりなく、
地に住む民はすべて無き者のように思われ、
天の衆群にも、
地に住む民にも、
彼はその意のままに事を行われる。
だれも彼の手をおさえて
「あなたは何をするのか」と言いうる者はない。
                                 ダニエル4:34-35

この時わたしの理性は自分に帰り、またわが国の光栄のために、わが尊厳と光輝とが、わたしに帰った。わが大臣、わが貴族らもきて、わたしに求め、わたしは国の上に堅く立って、前にもまさって大いなる者となった。 そこでわれネブカデネザルは今、天の王をほめたたえ、かつあがめたてまつる。そのみわざはことごとく真実で、その道は正しく、高ぶり歩む者を低くされる。

ダニエル4:36-37

ダニエルと三人の友人の生きる姿を神が用いて生きたみ言葉、律法となる。

 

ダニエルと三人の友人は神に従い、謙遜に仕え、愛を持ってとりなし祈り果敢に走るべき行程を走りつづけます。

彼らの生きる姿勢すべてが、異教の地の偉大な王にこれほどまでに影響を与えたました。

身を挺して仕た王が、これほどの賛美を神に捧げるに至る事、これ以上の報いがあるでしょうか。

若き勇士たちは、まさに異邦人への伝道の為に遣わされ、神のみ心に従い、見事に神の栄光が現わされました。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました