ダニエル書6章あらすじ 神に従うダニエル獅子の穴から救われる。

スポンサーリンク
ダニエル書

ダニエル書6章あらすじ 神に従い獅子の穴から救われる

ダレイオスが統治する時代です。この王からもダニエルの信頼は厚いものでした。

ダニエルは全国に任地をもつ120人の太守を治める三人の大臣の一人として仕えていたのですが、

王は他の大臣や太守より優れた霊が宿るダニエルに全国を治めさせようとしていました。

大臣や太守たちはそのことを良く思わず嫉妬して、ダニエルを訴える口実を見つけようと努めていました。

ダニエル書6章あらすじ 裏表なく誠実に神に従うダニエルです。

 

ダニエルには、怠慢も欠点も見つかりません。そこで高官たちは、ダニエルの信じている神の律法に絡めて巧みに策略をしかけ、陥れることを思いつきます。この話は、ダニエルの友人達が火の燃える炉に入れられた時と似ていますが、その時の状態とは違うところがあります。

それは、法制度と若さです。友人たちの時はネブカデネザルの時代で、絶対専制君主、王自らが法でした。ダレイオスの時代は立憲国家になっていて、一度制定された法は王といえども取り消すことはできません。そして、この時のダニエルはおおよそ80歳にもなっていました。

高官たちは「今から三十日間王以外にいかなる神にも人にも祈願する者は誰でも獅子の穴に投げ込むと禁令を制定し変更されることのないよう、文書に署名し、取り消すことのできないメディアとペルシャの法律のようにしてください」と願い出ます

ダニエル書6章あらすじ ダレイオスは禁令の文書に署名します。

 

ダニエルは総督として忙しい日々を過ごしていましたが日に三度エルサレムに向かって窓を開け、礼拝を欠かしませんでした。この禁令は高官たちの策略だと知りつつ、この日も自分の家に帰って、いつものように日に三度エルサレムに向かって窓を開け跪き神に向かって感謝し礼拝していました。

そこへ高官たちは申し合わせてこの現場に来て神に礼拝しているのを見ました。そこで、王以外に祈願を捧げていたことを王に告げます。王はダニエルのことを大切に思っていました。本当は獅子の穴になど、ダニエルを投げ込みたくはありませんでした

しかし、取り消しのできない法律のようにしたのは確かです。王は心憂い夕暮れまでダニエルを助けようと努めます。

王の家臣たちは制定した禁令も法令も変えられないのがメドペルシャの律法ですと訴えます

 

王は仕方なくダニエルを獅子の穴に投げ込む命令を出してダニエルに語ります。

「どうか、あなたの常に仕える神が、あなたを救われるように」。 

ダニエル16:16

 

ダニエルが投げ込まれた獅子の穴に一つの大きな石を置き、処置が変えられないよう王と貴人たちの印で封印しました。王は一睡も眠れず、食事も持ってこさせず断食をしてダニエルを思い、朝日が上がる頃、急いで獅子の穴に近づいて、ダニエルに声を掛けます。

「生ける神のしもべダニエルよ、あなたが常に仕えている神はあなたを救って、ししの害を免れさせることができたか」。

                                 ダニエル6:20

するとダニエルから答える声がありました。

「王よ、どうか、とこしえに生きながらえられますように。 わたしの神はその使をおくって、ししの口を閉ざされたので、ししはわたしを害しませんでした。これはわたしに罪のないことが、神の前に認められたからです。王よ、わたしはあなたの前にも、何も悪い事をしなかったのです」。 

ダニエル6:21-22

 

 

王は非常に喜びました。直ぐに獅子の穴から出すように命じダニエルは出されましたが、彼に何の外傷もありませんでした。ダニエルが神に信頼していたからです。王はダニエルを訴えた者達を獅子の穴に投げ込むように命じます。

すると彼らが穴に落ちないうちに獅子は大きな口をあけ骨ごとかみ砕いてしまいました。

ダリヨス王は全土に住む諸国民に詔を書きおくって言いいました。

 



 

「どうか、あなたがたに平安が増すように。 わたしは命令を出す。わが国のすべての州の人は、皆ダニエルの神を、おののき恐れなければならない。

彼は生ける神であって、
とこしえに変ることなく、
その国は滅びず、その主権は終りまで続く。
彼は救を施し、助けをなし、
天においても、地においても、
しるしと奇跡とをおこない、
ダニエルを救って、
ししの力をのがれさせたかたである」。
                                   ダニエル書6:25-27
こうしてダニエルはダリヨスの治世とペルシャ人クロスの治世まで使えました。

ダニエルは少年の頃と変わらない忠実な信仰を持ち続けていました。

 

80歳以上にして、いよいよ霊性が高められていました。日々多忙な責務をこなし高齢にもかかわらず、日頃から神を信頼し祈りの生活をしていたダニエルは、非常時にもうろたえることなく堂々と窓を開けて祈るとは、迫害に対しても勇敢に信仰告白をしています。ダニエル書あらすじ3でお伝えした、若き頃の友人たちの「たとえそうでなくても」と同じ信仰をもっていました。

 

ダニエル書あらすじ3 信仰者を誹謗、迫害、火の中に入れるが炎から神の救い
ダニエル書あらすじ3 信仰者を誹謗、炎から神の救い ここではダニエルは登場してきません。ダニエルの三人の友人達(シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ)にスポットライトが当てられます。 ダニエルの友人達はバビロンで偶像を拝みませんで...

 

そんな彼らを神は助け守ります。この場合は神が救い出されることを持ってみ心を現わされましたが、現在も多くの迫害を受けている方々は死にまでも忠実に生き、殉教を持って神の栄光があらわされています。多くの命の犠牲によって今の信仰が私達に届けられていることも忘れてはならないと思います。

旧約聖書の箴言や新約聖書の中にもこのダニエルの信仰を想定して、今でも私達を励まし勇気付ける記述があります。日々の場面で自分の我やこだわり、自己義を捨て、はたして主の十字架を日々負っているのかを振り返る時、私は恥ずかしい思いがして、主イエスの十字架を仰ぐしかないと思いました。

 

彼らは信仰によって、国々を征服し、義を行い、約束のものを受け、ししの口をふさぎ、

ヘブル11:33

 

正しい者は、悩みから救われ、
悪しき者は代ってそれに陥る。

箴言11:8

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。

第一ペテロ5:8

しかし、わたしが御言を余すところなく宣べ伝えて、すべての異邦人に聞かせるように、主はわたしを助け、力づけて下さった。そして、わたしは、ししの口から救い出されたのである。

第二テモテ4:17

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました