聖書の名言集:悪魔と12部族の「宝石」から受ける啓示

スポンサーリンク
いろんな色の宝石聖書研究

聖書の名言集 悪魔と12部族に与えられた宝石の違いから受ける啓示

旧約聖書は、日本人の私達にとって文化の違いから理解しずらい部分がありますが、

同じ人間です。

一つひとつその意味を追っていくと、少しづつ目からうろこが取れるように、

神様の愛が表されていることが分かってとても恵まれます。

今回は宝石からたどって見ていきます。

 

イスラエルの大祭司は、神様の前に立って礼拝し、民の為にとりなしの祈りをする役目があります。

大祭司自身は、神と人との間に入ってとりなしの祈りをする、真の大祭司イエス・キリストを象徴しています。

大祭司の服装には、胸当てがありました。胸当ては神様によって美しくデザインされ、

イスラエルの子たちである12部族の名前を刻んだ宝石をはめ込みました。

宝石は神様を表す金細工の中にしっかりはめ込まれていました。

大祭司の胸当ての宝石で表されるように、イスラエルの子たちである12部族は神様の目からは宝石のように尊いものです。信仰から落ちないように12部族を表す宝石の周りは金の神様に守られているという比喩的表現もあります。

大祭司が、神様の前にとりなしをするときは必ず胸当てをしました。12部族を大切に、しっかり胸に抱いて祈る事を表しています。

神様が一つひとつをモーセに教えられ、巧みな細工人によって大祭司の装束の一つひとつが作られました。

意味が分からずに読んでいる時は??という感じで、読み飛ばしていたのですが。

愛のあふれる神様の思いが、深く表されていました。

創世記のはじめ、神様によって創造された時から人は「耕し」「守る」役目を与えられています。

「耕すことは礼拝する事」、「守ることはとりなしの祈り」をそれぞれ象徴しています。

神を信じる人々は万人が祭司という観点から

大祭司の装束は、私達が人々の為にとりなし祈る時の姿勢、心構えも表しています。

悪魔(サタン)は、自分の意志で罪に落ちて堕落してしまいましたが、創造された時、神様から愛すべき存在として一人で9個の宝石を与えられていました。

人はサタンのように一人で9個の宝石を負うのではなく12部族すべてがそれぞれ一つずつの宝石を与えられており、集まって力を合わせて一つの胸当てになります。

人は神に守られ繋がり、胸当てのように大切に胸に抱き愛し合って、とりなし祈りあうことで、

神の召しを全うするようになる美しさがあるのだということも表されている思います。

また、教会の兄弟姉妹、また将来兄弟姉妹に加わる一人一人が宝石のように輝く大切な存在だということを表していると思います。

人知では知り尽くせない神様の深い愛のみ心にもっと触れたいという思いで

聖書の名言集から、サタンの9個の宝石と、各12部族に一つづつ与えられた合わせて12の宝石を整理してみました。

 

これは、私が神様から直接受け取った啓示ならすごくカッコいいのですが、

そうではなく、実はが神学校の先生に教わった沢山のヒントから受け取った啓示です。

とても恵まれたので、分かち合いたいと思います。

聖書の名言集「悪魔」に関する聖書の短いおすすめ名言
聖書の名言集「悪魔(サタン)」に関する聖書の短いおすすめ名言 「敵を知り、己を知 れば百戦危うからず」この一節が孔子の兵法ありますが 今回は聖書の名言集の中から、悪魔(サタン)に関する記事を拾って、悪魔に対して、聖書から神様のカ...

↑ ここと合わせて読んでいただければ嬉しいです。

前置きが長くなりましたが、

まず名言集である聖書のみ言葉をチェックします。

今回は対比する為に宝石の名前が分かりやすく原語に一番近いとされる新改訳聖書2017年版を使用します。

聖書の名言集 悪魔と12部族の宝石:み言葉から

天の十字架

 




 

 

都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。第一の土台は碧玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、第四は緑玉、第五は縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった

2017年版(黙示録21:19-20)

1000年王国と言われても、初めて聞く方はなにそれ?という感じになると思うのですが、

だいたいのな流れ、終末に関しても、いつか分かりやすい言葉で書いていきたいと思っています。

今はそういう王国がいつか来ると聖書は言っているのだということだけ覚えていてくださいね。

1000年王国後の新しい天と地の都の城壁の土台です。聖なる都、新しいエルサレム

夫の為に飾られた花嫁とも言われています。これは花嫁なる教会を表しています。

上記のみ言葉は、その都の台座に飾られている宝石のことが記されています。

 

 

 あなたは神の園、エデンにいて、あらゆる宝石に取り囲まれていた。赤めのう、トパーズ、ダイヤモンド、緑柱石、縞めのう、碧玉、サファイア、トルコ石、エメラルド。あなたのタンバリンと笛は金で作られ、これらはあなたが創造された日に整えられた。

2017年版(エゼキエル28:13) 上記のみ言葉は、悪魔(サタン)一人に与えられた宝石9個です

また、意匠を凝らして、エポデの細工と同じように、金色、青、 紫、 緋色の撚り糸、 それに撚り糸で織った亜麻布を用いて、胸当てを作った。
正方形で二重にしてその胸当てを作った。 長さは一ゼレト、 幅一ゼレトで、 二重であった。
その中に四列の宝石をはめ込んだ。第一列は赤めのう、トパーズ、エメラルド。
第二列はトルコ石、サファイア、ダイヤモンド。
第三列はヒヤシンス石、めのう、紫水晶。
第四列は緑柱石、縞めのう、碧玉。これらが金縁の細工の中にはめ込まれた。
これらの宝石はイスラエルの息子たちの名にちなむもので、彼らの名にしたがい十二個であった。それらは印章のように、それぞれに名が彫られ、十二部族を表した。

(出エジプト39:8-14)

2017年版

エポデはチュニックのような装束の中の一つで、その上に胸当てを付けます

胸当てにはめ込まれたの宝石と刻まれている12部族の名前をどう当てはめるかについては、いろんな説があるようなのですが、ここでは行進順と受け止めて各12部族に当てはめ、その意味をたどっていきます。

行進順とは、

出エジプトの時、大勢の民を引き連れてカナンの地を目指す彼らを、主は昼は雲の柱の中に、夜は火の柱の中に臨在され導かれました。そして主がとどまったところに宿営しました。

神が宿営の配置、出発の行進の順番を決めそれをモーセに告げ、モーセは告げられたとおりに民に指示をして、再び出発の時には主の臨在が雲の柱となって導かれる時は、この順番で行進しました。その時の行進順のことです。

二つの肩当てが、それぞれエポデの両端に付けられ、エポデは一つに結ばれる。
エポデの上に来るあや織りの帯はエポデと同じ作りで、金色、青、紫、緋色の撚り糸、それに撚り糸で織った亜麻布を用い、エポデの一部となるようにする。
二つの縞めのうを取り、その上にイスラエルの息子たちの名を刻む。
六つの名を一つの石に、残りの六つの名をもう一つの石に、生まれた順に刻む。
印章を彫る宝石細工を施して、イスラエルの息子たちの名をその二つの石に彫り、それぞれを金縁の細工の中にはめ込む。
その二つの石をエポデの肩当てに付け、イスラエルの息子たちが覚えられるための石とする。アロンは【主】の前で、彼らの名が覚えられるように両肩に載せる。

2017年版(出エジプト28:7-12)

祭司の装束の、肩の宝石に刻まれたことが書かれている箇所です。

上記のみ言葉にははっきり誕生順と記されていますね。

聖書の名言集 悪魔と12部族の宝石を表にまとめる

 

いろんな色の宝石

黙示録21:19-20胸当て(部族の宿営・行進の順)

出エジプト39:8-14

サタンの宝石

エゼキエル28:13

肩の縞めのうに生まれた順に刻まれた
イスラエルの子達の名と意味。出エジプト27:7-12
第一碧玉第一列ユダルビー(赤めのう)ルビー(赤めのう)ルベン息子を見よ
第二サファイヤイッサカルトパーズトパーズシメオン聞く
第三めのうゼブルンエメラルドエメラルドレビ結合した
第四緑玉第二列ルベントルコ玉トルコ玉ユダ賛美
第五縞めのうシメオンサファイヤサファイヤダン裁き
第六赤めのうガドダイヤモンドダイヤモンドナフタリ格闘
第七かんらん石第三列エフライムヒヤシンス石(オパール)ガド
第八緑柱石マナセめのうアシェル恵まれている
第九黄玉石ベニヤミン紫水晶イッサカル報酬
第十ひすい第四列ダン緑柱石(藍玉)緑柱石(藍玉)ゼブルン住む
第十一青玉アシェル縞めのう縞めのうヨセフ実り豊かな
第十二紫水晶ナフタリ碧玉碧玉ベニヤミン私の右の手

胸当てを行進順で見てみると、サタンに足りないのはこれらの三つの宝石です。

①エフライムヒヤシンス石:オパール))②ナマセ(めのう)③ベニヤミン(紫水晶)

このように仮定する理由は

ギリシャ語で書かれている黙示録と、ヘブライ語で書かれている旧約聖書のエゼキエルとでは、年代も違うし、原語も違うので、正確に比べることは困難です。

しかし旧約聖書だけで見ますと、

出エジプト39:8-14の大祭司のエポデに出てくる12の宝石と、

エゼキエル28:13に出てくるサタンが持っていた9個の宝石は

同じヘブライ語なので、一致します。

出エジプトにある胸当ての宝石に関して、どの宝石がどの部族を表すかについては、前にも記しましたが意見が分かれるそうです。

①誕生の順番 or ②出発の後進の順番

 

ここでは、胸当ては行進の順で、両肩の宝石は部族の誕生順として、

行進順で胸当ての宝石を12部族の名前に当てはめて見てみると、

サタンに足りない宝石の持ち主の特徴に、ラケルの子が上がってきます。

ラケルはイスラエル(元の名をヤコブ)の最愛の妻です。

 

ベニヤミン【私の右の手】(紫水晶)=キリストの王権の象徴

ナマセ【忘れる】(めのう)=帰る、回復、 住む、(水を)汲む 主権的力など

エフライム【実り豊かな】(ヒヤシンス石:オパール)=謎 支配者、という意味ではないかと言われています。

(これからも、もっと深く神のみ旨を求める聖書学者たちの聖なる探求によって、神様から人類に啓示されていくことを願っています。)

以上がサタンに足りない三つの宝石となります。

 

 




 

 

 

神のおられる北の端なる大王の都に、人間を住まわせる為に、

人間をキリストの花嫁とならせる為に神は最愛の者として、人間をつくられました。

ところが、サタンはこのポジションが欲しかったのです。

このポジションを人間に取られたので、人間を妬み憎んでいます。

白雪姫に出てくる魔女のように、サタンは、自分が一番だと認めてほしかったのです。

サタンに足りない三つの宝石は何を掲示しているのでしょうか?

私は、謙遜 と正直さ 主イエスの十字架、贖いだと思います。

 

行進順に宝石を当てはめ、かつ 宝石を持つ部族の名前から

【私の右の手】 【忘れる】 【実り豊かな】の三つがサタンに足りないことが分かります。

贖いとは、償う、買い戻すという意味で、罪の奴隷になっていた私たちを主イエスが代わりに買い戻してくださったということです。

正直に罪を告白し、主イエスが、私の罪の身代わりに字架にかかって死んでくださり、よみに下って死とよみに勝ち復活され、私の罪は主イエスによって全て聖められたことを信じるなら、罪の赦しを受けます。

そのことを部族名の意味に照らし合わせると、神の右の座につかれたキリストに守られすでに赦した罪を神様は忘れてくださる方ですから思い出さない、主イエスの故に私たちを実り豊かな者として祝福してくださるのだと、私は受け取りました。

ここにも、神様の愛、十字架が表されていたのです。

聖書の名言集 神よりも頼ることが偶像

お花

 

 ギデオンは、それでエポデを一つ作り、彼の町オフラにそれを置いた。イスラエルはみなそれを慕って、そこで淫行を行った。それはギデオンとその一族にとって罠となった。

2017年版(士師記8:27)

神様は、聖書のいたるところにみ心を現わされ、啓示を与えてくださっています。

エポデのことを学ぶと、とても恵まれ、神様の愛を感じられます。

エポデは神様が教えられた祭司の服の仕様でした。

しかし、

エポデを掲げて置いて、安心しきってしまうと危険です。

エポデにより頼んでしまうとギデオンとその家の失敗のように、その心の隙間から偶像礼拝が入り姦淫となります。私たちが礼拝し、より頼むお方はあくまでも主ご自身です。

もちろん礼拝に出席すること、献金する事、主と共に聖く生きることは大切ですが、

礼拝に出席しているから、献金しているから、ちょっとばかり外見では正しそうに見えるから、

そんなものにより頼み私は大丈夫だという高慢な思いでこれらを掲げること、

心から神様を愛するのではなく、宗教的儀式になってしまい、

人に見せるための俳優である偽善的行為になり、

それが偶像になり危険なのだと私は受け取りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました